しろくまの宝箱

このブログでは、登山やカメラのこと、それらにまつわる買い物などを主に書いていきます。

しろくまの宝箱

2018GW遠征 Part.2:曇りのち晴れ!はるばる福井まで来たかいがあった!@荒島岳 2018.4.28

前日の「伊吹山編」からの続きです。

www.wondertrek.net


前日は伊吹山登頂後、福井県まで移動して「道の駅 禅の里」で車中泊をしました。起床後、登山口のある「勝原スキー場」の跡地にある駐車場へ向かいました。

駐車場までは、道の駅から約30分の距離。途中のセブン-イレブンで朝・昼の食事の買出しします。今回の旅セブン-イレブンの食材を何食食べたのだろう。そろそろセブン-イレブンには、私達の公式スポンサーになっていただいた方がいい時期ではないかと…。

荒島岳

荒島岳(あらしまだけ)は、福井県大野市にある標高1,523mの山である。別名大野富士(おおのふじ)。日本百名山に選定されている。白山と同様に泰澄が開山したと伝えられる。山頂には荒島神社があり、信仰の山とされてきた。山域は奥越高原県立自然公園区域[5]に指定されている。

荒島岳 - Wikipedia

180428-000000

 

駐車場~元リフト終点

駐車場には7時前に到着。連休初日で混雑するのではと思っていましたが、意外と出足は遅いようです。関東の山とは人の集まり具合が違うのでしょうか?!公衆トイレの横にある電話ボックス内のポストに登山届けを提出して出発。

180428-064941

目指す「元リフト終点」はガスの中

スタート直後からコンクリート舗装路の急坂が待ち構えています。坂の両脇には桜の木が植樹されたばかり。その名も「カドハラ桜坂」。いつか立派な桜並木になることでしょう。「桜が咲く頃にまた来れたらいいな」と、登頂もしていないのに感慨にふけっていました。

180428-070224

180428-072948

折れた枝に花が咲いてました〜

元リフト終点までは約1時間、ガッカリ登らされました・・・、といってもここが登山口。これからが本当の戦いです。

180428-074404

火星みたい…。

180428-074532

 

登山口~シャクナゲ平

「勝原コース」は、荒島岳登頂の最短ルートといわれているようだけど、その代わり勾配は急なのかもしれません。でも、登山道はよく整備されていて、危険な箇所はありませんでした。

180428-080444

180428-080523

「トトロの木」と呼ばれる場所もあったけど、どんなアングルから見てもトトロには見えずに少し困惑・・・。ジブリからのクレームはないのか気になるところ。(帰宅後に由来を調べたら、意外な結果が…。

180428-081344

トトロの木(どこが?!)

この時点での天気は曇り。朝のラジオでは「傘が必要ないくらい晴れます!」と言っていて期待していただけに、心の中はさらにドンヨリとした感じ。「白山ベンチ」と呼ばれていても何も見えないので、素通りして先を急ぎました。

180428-082017

180428-082923

木に刻まれた「白山ベンチ」の文字

180428-083424

180428-084706

行く手を阻む「山」の字のような木

180428-085810

シャクナゲ平は一面の雪で覆われていました。真新しい竹ペグが落ちていたので、テン泊していた人がいたのかもしれません。

180428-091539

だだっ広いシャクナゲ平

シャクナゲ平~山頂

山頂へ向かうには、一度下ります。その途中に「中出ルート」からの合流があります。

180428-092202

このあたりまできたら、ときより日差しが出るようになりました。

180428-092458

180428-094044

180428-094301

天気よりも気になっていたのは、頂上付近の雪の残り具合。アイゼンは持参していました。でも念のためにすれ違った人に聞いてみたら、「山頂近くまで行ったがアイゼンを持っていなかったので引き返してきた」とのこと。しばらくして別の人に聞いてみたら、「つぼ足で問題なく登れる」という。判断基準は人それぞれだから仕方がないけど、どちらの意見も参考にさせていただきました。

それよりもうれしかったのが、「雲がはれて絶景が見れるよ!」という情報。木々に覆われたエリアを抜けて、振り返ればいつの間にか白山方面が見えるようになっていました。こうなれば気持ちも晴れ晴れ、足取りも軽くなるというものです。

180428-095120

なんか見えた!!

180428-095951

ただ雪が中途半端な状態で残っていて、急な斜面との合わせ技で登るのに苦労しました。「もちが壁」のあたりでは、上りで使えた雪の足場が帰りには崩れていました。あと1週間早ければ、または遅ければもう少し楽だったかも・・・?と思うことが何度かありました。

180428-100109

180428-100321

小さく「前荒島」と…。

180428-100417

180428-100435

180428-101049

180428-101104

180428-101922

結局、アイゼンを装着することもなく山頂へ到着!

180428-102706

荒島岳 山頂

180428-103120

180428-103801

360°のパノラマが広がっています!想像以上の絶景!

180428-102745

白山ど〜ん!

正面の白山はもちろんのこと、うっすらながらも御嶽山も見えました。夏山の景色もいいものですが、雪がついた山の風景のほうが壮大な気がします。

180428-102840

遠くに御嶽山!

180428-103905

おにぎりで簡単に昼食を済ませ、名残惜しいですが駐車場を目指して下山を開始します。

 

山頂~駐車場

曇っていた「上り」と違って、晴れ渡った「下り」は周囲の光景が良く見えて別の場所のよう。天気がいいと山の印象も良くなります。曇りのまま下山してしまったら、「荒島岳」は何の記憶にも残らない百名山となっていたでしょう。

180428-114546

180428-115257

奥のピークが小荒島岳?、手前がシャクナゲ平?

180428-120848

荒島岳も見納め

ただ、標高が下がるにつれて、強い日差しと高い気温に苦しめられたり、虫に囲まれたりして、別の意味で記憶に残ることにもなってしまいましたが・・・。

180428-124707

180428-133305

九頭竜川が見えてきた

駐車場目前の舗装された急坂(カドハラ桜坂)は、下りとはいえ疲れきった体には、かなりキツイものでした。足への負担を考えて、後ろ向きで進む人・ジグザグで進む人といろいろです(私はジグザグ派)。

180428-134804

駐車場までの舗装路がキツい(汗) 

温泉〜帰宅

下山後は即帰宅の途につくつもりでしたが、ノンストップで運転しても6時間弱かかる道のりです。汗を流さないで帰るのはさすがに辛そうだったので、近場の温泉に寄っていくことにしました。

駐車場のトイレ脇にあったこの看板ですが、最寄りの温泉や登頂記念バッチが買える場所と所要時間が一元的にまとめられていて、土地勘のない私達にはとても有益でした。

180428-140753

看板の情報を元にして、帰りのルート上にある「九頭竜温泉 平成の湯」に寄っていくことに。バッチもここで買えるようです。比較的新しい施設で浴室も広く、とても清潔感がありました。

180428-144543

ここはモンベルの会員であれば優待でミニソフトクリーム(200円)かパックジュース(120円)を貰えるのがうれしいです。「市民割引(入場料100円引き)よりも内容が良いので悩ましいところ・・・」と受付の方の弁。私も昨年のふるさと納税で手に入れた会員証を活用させていただきましたよ。

180428-160510

写真は通常のソフトクリーム(350円)です。

バッチは1種類しかありませんでした。この先にある「道の駅 九頭竜」に行けば種類が豊富かも?と向かったのですが、結局、道の駅でもバッチは1種類しかありませんでした。でも、平成の湯より20円安く買えたのでヨシとしましょう。

180428-165007

道の駅にはリアルな恐竜の像がっ!

帰りの高速では渋滞を覚悟していましたが、世間では連休が始まったばかりなので、上り車線はスムーズでした。約500kmの道のりですが、美濃加茂SA・岡崎SA・沼津SAで休憩をとって、日付が変わる前に神奈川まで帰ってくることができました。

 

感想

連休を少しずらすことによって、混雑と無縁の山歩き遠征ができました。ただ、天気は連休中のほうがずっと良かったので、そこだけが悔やまれるところです。

今までは片道500kmの運転なんてとても考えられなかったけど、車をSTEP WGNに買い替えてからは運転アシスト機能のおかげで、それほど苦もなく辿り着くことができるようになりました(たまには寝て移動したいけど…)。車中泊も以前のRAV4と比較すれば、大幅に広くなって快適です。ハイシーズンでも高い宿代をはらうこともなく、天気をギリギリまで見極めてから計画を実行できる。これだから車中泊の山登りはやめられません!今年は車の中で何回夜明けを迎えるかな?

日本百名山:48座目

GPSデータ

f:id:wondertrek:20180610215932p:plain

 

GPSログ解析

開始日時 2018/04/28 06:58:33 終了日時 2018/04/28 14:04:12
水平距離 9.65km 沿面距離 10.41km
経過時間 7時間05分39秒 移動時間 4時間50分24秒
全体平均速度 1.47km/h 移動平均速度 1.92km/h
最高速度 4.64km/h 昇降量合計 2330m
総上昇量 1158m 総下降量 1172m
最高高度 1523m 最低高度 346m

区間解析

地点名 通過時刻
移動時間
積算距離
区間距離
平均速度 標高
獲得標高
平均勾配
勝原コース登山口 06:58:33 0.00km   347m  
  00:40:18 1.39km 2.0km/h ↑310m ↓0m 24.55%
元リフト終点 07:42:09 1.39km   675m  
  01:08:38 2.27km 1.8km/h ↑491m ↓0m 23.03%
シャクナゲ平 09:13:16 3.66km   1203m  
  00:47:05 1.50km 1.6km/h ↑314m ↓0m 22.95%
荒島岳_山頂 10:22:21 5.17km   1522m  
  00:39:30 1.67km 2.0km/h ↑0m ↓326m -21.11%
シャクナゲ平 12:07:33 6.84km   1202m  
  01:00:53 2.21km 2.0km/h ↑0m ↓506m -24.36%
元リフト終点 13:22:32 9.05km   676m  
  00:34:00 1.37km 2.3km/h ↑0m ↓307m -24.28%
勝原コース登山口 14:04:12 10.41km   346m  

 

f:id:wondertrek:20180611221011j:plain